アラサー女、仕事やめてきゅんだけで生きていく

お家時間や移動時間を優雅に過ごす為のアラサー女子ブログです。私オススメの少女漫画や動画配信サービスのNetflix・Hulu・U-NEXTなどもご紹介します。

「雲が描いた月明かり 第11話」のあらすじ・ネタバレ 無料視聴する方法をご紹介!【Netflix/hulu】

雲が描いた月明かりのカバー画像

雲が描いた月明かりのカバー画像

「雲が描いた月明かり 第11話」の動画は海賊版サイトで見るのは危険!?

ネット上では映画やドラマのフル動画を検索すると、デイリーモーション(Dailymotion)パンドラ(Pandora)などの違法アップロードサイトが多く出てきますが、違法にアップロードされた動画と知りながら視聴したりダウンロードしたりすると罪に問われる可能性があり非常にリスクが大きいです。

また、zipファイルなどにウイルスが仕込まれ、知らないうちに感染してしまいPCが使えなくなるケースも報告されています。

今回は「雲が描いた月明かり 第11話」の動画を合法的にかつ無料で視聴できる方法をご紹介しますので、
広告などに邪魔されず安心して楽しむことができます!

動画配信サービスの無料トライアルを活用する方法!

Netflixやhuluなどの動画配信サービスには実はそのほとんどに無料体験期間が設けられており、一切課金することなくトライアル期間に全てのサービスを利用することができます!

無料体験期間やサービス内容は各社によって異なりますが、各動画配信業社のサービスの特徴を知ることで、無料体験期間をよりお得に楽しむことができます!

もちろんどのサービスも無料体験期間中に退会しても費用を請求されることは一切ありませんので安心して楽しむことができます!

動画配信サービス 配信の有無
TSUTAYA TV ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオパス ×
hulu ×
FODプレミアム ×

現在、「雲が描いた月明かり 第11話」はU-NEXTでしか見られません!

U-NEXTで「雲が描いた月明かり 第11話」を見る!

U-NEXTのサービス概要

国内最大級の動画配信サービスといえばU-NEXT

USENグループが運営する国内最大級の品揃えを誇るのがU-NEXT!新作の配信も早い事やすぐに付与される無料ポイントで新作を実質無料で見ることが可能です!

約11万本の品揃えの中から見たい作品を選べる!
★登録時に付与される600ポイントで最新作も無料視聴可能
31日間の無料体験期間中は退会しても課金はされない!
電子書籍の配信もあるためドラマや映画の原作の漫画も併せて楽しみたいという方には最適のサービスとなるでしょう!

U-NEXTを31日間無料体験する

「雲が描いた月明かり 第11話」の感想・推せるシーン

 ・ヨンがラオン(サムノム)への気持ちを手紙にするシーンは言葉にできない感情に包まれます。自分の立場もそしてラオン(サムノム)の存在も失ってしまうかもしれないことへのヨンの覚悟を感じるシーンです(;_;)

・ヨンがラオン(サムノム)の部屋を訪れたシーンではラオン(サムノム)の姿を見た時のヨンの表情が印象的です。動揺と喜びと確信と…色んな感情が表情から見て取れます。これから二人の関係がどう進んでいくのか心震えるシーンです♡

・書庫でユンソンとヨンが話すシーンはお互いの距離感が絶妙で、お互いにわざと線を引いているようなそんな印象も受けます。ユンソンが領議政に逆らう形にならないよう配慮するヨンの優しさもいいですね。

・庭を散歩するシーンではラオン(サムノム)の可愛らしさとヨンの優しさとツンデレっぷりが爆発してます♡♡♡あの日傘に隠れた二人だけの空間!耐えられない!最高過ぎて一生ここでも大丈夫です。って気分になる。笑 本を読むヨンの肩で休める日が来るなら、いくらでも働きます!!!!!笑

・ヨンが代理執政の為に正堂に入るシーンでは予想外の展開に言葉を失います。ヨンの気持ちになり、心が締め付けられます(T_T)しかしそれでも腐らず倒れず、ヨンらしく振舞う姿が頼もしい!!!頑張れーーーー(;_;)♡

・落ち仮面をヨンが拾うシーンではビョンヨンと仮面との繋がりを更に深く感じさせられるシーンですね。今後どんな展開になるか…ヨンの味方であって欲しい!と願うシーンですね(;_;)

「雲が描いた月明かり」の口コミをご紹介

 ・私も時代劇はお母さん世代の好みでしょ(^^)って感じでナメてました、ごめんなさい。笑 もう見始めたらストーリーも面白くてどんどん進むし、キュンキュンし過ぎて顔が溶けそうでした(;_;)♡♡

・キムユジョンちゃん可愛いですよね♡透明感も凄すぎるし、あんなに可愛い内官いたら勘違いもしますよね(>_<)笑 役柄のラオン(サムノム)は怖いもの知らずでちょっとドジなところも可愛いですよね♡

・それぞれに良さがあり過ぎて誰か決められない人多いはず(*^_^*)私は世子様ですが♡ユンソンへのきゅんも抑えられない!笑 世子様のいたずらな表情とかもう見てて可愛過ぎてカッコ良過ぎてしんどい。そしてユンソンの色気も爆発してて心臓えぐられる。見るときは心して見ましょう。笑

「雲が描いた月明かり 第11話」のあらすじ・一部ネタバレをご紹介

ラオン(サムノム)の秘密に気づいたヨン

自分の想いに気付いたヨンはラオン(サムノム)への気持ちを文字にした。


"誰にも知られぬよう葬ろうとした想いだ。
お前をそばに置くために明かすべきではないと。
お前の言葉で勇気を得た。
私の身に危険が及び、お前を失いうる告白"

 

そしてその手紙を持ってラオン(サムノム)の部屋にやってきた。ラオン(サムノム)の姿がなく、手紙を渡すことを留まろうと部屋を出て行こうとするヨン。
その時部屋の奥から物音が聞こえ、ヨンが振り返る。そして思わず目を背けた。驚きながらもう一度部屋の奥に目をやるヨン、そこには女人姿のラオン(サムノム)が立っていた。

 

ラオン(サムノム)の美しさに目を奪われるヨン、そして宴でヨンを救ったのがラオン(サムノム)だったことに気付く。ヨンは自分の想いを改めて感じ、ラオン(サムノム)を緑園に呼び出した。

 

ラオン(サムノム)はヨンが自分の正体に気付いているとは知らないまま、ヨンの気持ちを受け止めた。

 

資泫堂に帰ったラオン(サムノム)はまだ夢の中にいるようだ。戻ってきたビョンヨンと話すが、どんな態度をとっていいか分からず八つ当たりするラオン(サムノム)に思わず謝るビョンヨン。
キム兄貴、あの…一つ質問しても?」
「何だ?」
「世子様が一番大事にされてる方はキム兄貴で、次はチャン内官ですが…もしや女人に恋をなさったことはありませんでしたか?これまで一度も?」
「たったの一度もない」
そう聞いて、また放心状態のラオン(サムノム)。

 

ヨンはマ内官とウォリを部屋に呼び、二人で王宮を出られるよう内密に手配した。
「王宮の外に出してやる。宮仕えの記録を消すから、二人で遠くに行け」
「…はい」
「ここに行けば住所と職を得られる」
「なぜ、このような…」
「教えてくれた礼だ、人の真心が奇跡を呼ぶと。末永く共に暮らすのだぞ」
「はい、世子様」
ヨンは二人を見て、優しく微笑んだ。

 ビョンヨンに課せられた任務

 ユンソンはヨンの書庫で科挙の出題者と合格者の名簿を持ってきて報告する。その名簿にはキム氏の名前が並んでおり、合格者の解答はお粗末なものばかりだ。
ヨンは不正と言わんばかりに"合格者は家門で選ばれる"と話し、ユンソンの意見を聞く。
「キム氏か礼曹正郎(科挙を扱う部署の中級職)どちらとして答えれば?」
「立場で答えが違うのか?」
「前者ならお叱りを受け、後者なら不正を正すべきかと」
「本当か?」
「"はい"と答えたら、信じますか?」
「領議政に叱られるぞ、調べてみるから下がれ」

 

そこへ書物を山積み持ったラオン(サムノム)が入ってくる。ヨンと目が合い、慌てて書物を落としてしまうラオン(サムノム)。
ラオン(サムノム)を助けるユンソンにヤキモチを妬くヨンが、ラオン(サムノム)を呼びつけた。ヨンの隣で嬉しそうに微笑む表情を見て、ラオン(サムノム)との会話を思い出すユンソン。

 

「おっしゃる通りです、私は内官にふさわしくありません。早く王宮を出るべきですが…」
「しかし?」
「私は…出たくありません。変でしょう?何度考えても同じ気持ちです。ここにもうしばらくいたいです。すみません、キム様」
「気になる、危険を冒してでもここに残りたい理由」
ユンソンはその"理由"に気付いた。

 

ヨンはビョンヨンを呼び出した。
「どうしました?」
「ホンギョンネの娘が生きてるらしい。聞いたか?」
「初耳です」
「領議政の一言で父上の心配性が悪化した」

 

目を逸らすビョンヨンに仮面を見せるヨン。それを見たビョンヨンの顔色が変わる。
「この仮面、領議政の宴で見たのと同じだろ」
「はい」
「調べてくれ。そいつらの正体とホンの娘を探す理由を」
「はい、世子様」
「娘が生きてるなら、見つけねば。領議政より先に」
仮面を見つめながら、まさかの任務に表情が曇るビョンヨン。

 日傘の下で

 庭を散歩するヨンの後ろでラオン(サムノム)が日除けの傘を持ってついて歩く。しかしラオン(サムノム)の身体に比べ、大きな傘にふらつくラオン(サムノム)にヨンが気付く。
「重いだろ、貸せ」
「なりません、私の務めです。人目があります」

 

臣下達はヨンとラオン(サムノム)から目を逸らす。
「なら、日に当たってもいいから片付けろ」


ヨンができる精一杯の優しさを見せるが、チャン内官は「世子様、日差しが強いので日傘の中へ」と世子らしくない行動を止めた。急いでヨンを日傘に入れ、「平気です、男ならこれくらい持てます」と強がるラオン(サムノム)を見てヨンは笑みをこぼす。
「フンナム」
「はい、世子様」
「ここで昼寝するから起こすな」
そしてラオン(サムノム)には日傘をしっかり持っておくよう命令した。

 

日傘を目隠しのように使うヨン、ヨンはラオン(サムノム)を自分の横に座らせて手を握った。
「小さな手が、ひどく荒れてる」
「男の手はこんなもんです」
「お前の目も鼻も唇も間違いなくたくましい男だ。お前のその強さに、惚れたのだ」
ラオン(サムノム)の反応を楽しんでいるヨン。

 

「人に聞かれては困ります。ご発言を撤回してください」
「言ったことは撤回せず、責任を取るべきだ」

 

ヨンの思いがけない言葉に困ったような表情のラオン(サムノム)。ラオン(サムノム)を甘やかしたいヨンはラオン(サムノム)の頭を引き寄せ、自分の肩にもたれ掛けさせる。
「少し休め、ゆっくり読むから」
「世子様、私のすべてを知ったと思わないでください。大事にされても喜べません」
「知ったとは言ってない。休めと言ったのだ」

内官として働く自分とヨンの立場を考え、優しくされることを素直に喜べないラオン(サムノム)。

 反発する臣下たち

 ミョンウン王女にラオン(サムノム)が書いた恋愛本を読んだハヨンは、ラオン(サムノム)に恋愛相談をしにやってきた。
「つまりその方は貴い身分の美男で、ハヨン様のような美女にもそっけないと?」
「何度も気を引こうとしたけどムダだった」
「どのように?」
「その方のせいで転んだ時、先に手を差し出して…」
「いけません!気のないフリをしてひっぱたいてやらないと」
「そうなの?その方を見ると嬉しくてつい笑顔に、それから散歩の誘いも即座に拒否されてしまった」
「本当にそんなことが?」
「恥も知らずに…」

 

悩むハヨンを見て微笑むラオン(サムノム)。
「なぜそのように見るの?助ける方法はない?」
「いいえ、助ける必要がありません。恋愛の秘法など使わずとも、ありのままの姿で想いを伝えられて羨ましいです」
「私が?」
「はい、その方と幸せになれますよ。真心は伝わるものです」
ラオン(サムノム)の励ましに笑顔になるハヨン。

 

準備を手伝うラオン(サムノム)をヨンは愛おしそうに見つめる。その横で代理執政を行うヨンに小言を連ねるチャン内官。
「フンナム、回りくどい言い方だな。"頑張れ"その一言で済むのに」
「はい。世子様、頑張ってください」
「ありがとう。…お前は?言うことはないのか?」

 

ヨンはラオン(サムノム)にも問いかける。
「ありません。」
ラオン(サムノム)のそっけない返事に少し落ち込んだような表情のヨン、ラオン(サムノム)が続ける。
「成功を信じてるので」
ラオン(サムノム)の言葉に満足げに笑うヨンに、ラオン(サムノム)も微笑み返す。

 

ヨンが臣下を率いて正堂にやってきた。
扉が開き、ヨンの顔色が変わる。…部屋の中には誰一人いなかったのだ。ラオン(サムノム)とチャン内官も顔を見合わせた。

 

領議政宅では臣下達が驚くヨンの顔を思い浮かべ、笑っていた。不正合格を見抜いたヨンが予定していた科挙を取りやめて、代わりに王が用意した試験を行おうとしていることに反発したのだ。
今まで朝廷を支えてきたのは領議政を始めとする自分たちだと考え、ヨン一人では何もできないだろうと考えての行動だった。

 

正堂では参内しなかった臣下達の届け出を読み上げていくヨン。食あたり、高熱、発疹と理由はさまざま、ヨンを侮辱されたことに怒るチャン内官だがヨンは何か考えがあるような表情。

 特効薬

書庫で過ごすヨンにお茶を持ってくるラオン(サムノム)。暗い表情のヨンを心配そうに見つめる。
「眺めていたくなる顔だろうが、あまりにも露骨だ」
「はい?…暗い表情をなさっているので」

 

ヨンはラオン(サムノム)を横に座るよう合図した。
「薬果をどうぞ。頭に来た時は甘いものが効きます」
「……お前ならどうする?」
「何のことですか?」
「手ごわい相手と対決する時、お前なら?」
「戦うべき相手なら力の限り戦います。それでもダメなら流れに順応します」

 

「ではこれで…」
去ろうとするラオン(サムノム)の手を取り、ヨンが引き寄せた。そして手に取った薬果をラオン(サムノム)の口に入れた。
「本当だ、特効薬」
「召し上がってないくせに」
「お前のことだ」

 

ラオン(サムノム)を優しい表情で見つめるヨンが何かを思いついた。
「直ちに医官と尚薬を呼べ」
「はい?」

 

領議政宅では男が臣下達に"ホンギョンネの元側近を見つけた"と報告している。盗賊よりも先に見つけろと指示し、死んでからも影響力があるホンギョンネの力に驚く二人。
騒がしい声が聞こえ、外に出てみると臣下達一人一人の名前がついた薬が運ばれてきている。

そこにヨンがやってきた。「大量の薬を渡しきれるか心配だったが、図らずともこうしてお集まりで本当によかった」と言うと一人一人に症状にあった薬を渡していくヨン、その時中から出てきた領議政が声をかけた。

 

その頃ビョンヨンもホンギョンネの娘の行方を探していた。隣に住んでいた女はホンギョンネは殺されたはずと話し、娘についても多くは覚えていなかった。
「娘の名前は?」
「なんだったかね、確か…"ラ"がついたけど。あ、ラオンだ」
「ラオン、ホンラオン…」

 

領議政宅に招かれたヨンは重病だったが臣下達が全快している様子をみて、正堂を領議政の宅に移すのは?と皮肉を言う。
「臣下が別に集まり国政を論じたのは、世子様とこの国に対する忠誠心からです。朝鮮はサデブの力で400年持ち堪えてきました。しかしそれを無視して我が道を行こうとする世子様が正道を歩めるよう助けるのが、臣下の務めです」
「しかし、私と領議政の考える"正道"は方向が異なるようです」
「青い草原に赤い花が一輪咲いたら、空を積みたくなるのが人情の常です」
「"出る杭は打たれる"そう言うのですか?」
「しかしその花を摘もうとする時、必ず周辺の草を先に踏むことになります」

領議政は、ヨンが勝手なことをするとヨンの周りの人間まで傷つくことになると忠告した。

 仮面とビョンヨン

 ハヨンはユンソンを呼び出した。
「伴侶になるかもしれない方がどんな方か気になり、このようなご無礼を」
「それで疑問は解けましたか?」
「えぇ、しかし心配です。こんな立派な方の伴侶に私はふさわしくありません」

 

ハヨンの言葉に気持ちを察し、いたずら心が働くユンソン。
「どのような点が?」
「一人娘として育ったせいか、他者への配慮に欠けます」
「なんとまぁ、困りましたね」
「また刺繍よりも読者が好きなんです。下品な小説まで知り尽くしていて…両親も随分と心配しております」
「私も噂ほど立派な人間ではありません。なのでご心配なく」

 

どうにか嫌われようとするハヨンだが、思いがけないユンソンの答えに困ってしまう。そんなハヨンを見てユンソンが代弁する。
「何が望みか分かったから、心配いらないと」
「はい?」
「"伴侶になりたくない""でも断るとあとのことが怖い"」
「それをどうして?…もしや想いを寄せる方でも?」
「お互いさまのようですが」
ユンソンは穏便に縁談を破断にする方法を探そうと言い、ハヨンと別れた。

 

街を歩くヨンに腕輪売りの男が声をかける。二人の縁を結ぶ"永遠の腕輪"と聞き、思わず足を止めるヨン。そして腕輪を手に取ったその時、もう片方の腕輪を手に取る女人が…。
顔をあげて驚く二人、それはハヨンだった。

「こんな所でお会いするとは…」
ハヨンを疑いの目で見るヨン。
「また偶然を装う気か?」
「はい?今回は本当に偶然です。…それなら、本当に運命なのかしら?」
「直接的だな」
ハヨンの言葉にヨンが少々呆れている。

 

その時追っ手から逃げるビョンヨンの姿が目に入る。昨夜話した時には一日中訓練場にいると話していたビョンヨンを不審に思い、追いかけるヨン。
男達と戦うビョンヨンに追いついたヨン、ビョンヨンはヨンに気付くが説明できる状況ではなかった。その時ヨンの後ろから男達が現れた…ビョンヨンがヨンに刀を投げる。ヨンは刀を受け取るとハヨンを庇いながら、戦った。
「何者だ」
「3数えたら飛び込むので後ろへ」
「1.2.3」

 

ビョンヨンは逃げる男達を追い、ヨンはうずくまるハヨンに声をかける。
「大丈夫か?」
「世子様がご無事で本当によかったです」

ヨンはハヨンを支え、立ち上がる。その時地面に落ちている仮面に気付き、ゆっくりと拾い上げた。その様子を見ていたビョンヨン、周りを見渡すヨンを見て身を隠した。

「雲が描いた月明かり 第11話」をU-NEXTでお得に見るためのまとめ

★「雲が描いた月明かり 第11話」を無料で見たいならオススメはU-NEXT
★どのサービスも無料体験期間中は退会しても課金なし
★無料トライアルを合わせれば複数新作を無料視聴可能

様々な動画配信サービスを紹介してきましたが、タイトル配信本数、サービスのレイアウトなど個人によって好みが分かれるかと思いますせっかく無料体験期間やすぐに使えるポイントも付与されるのでそれぞれお試ししてみることをオススメします!それでは皆さんもお得に動画を楽しんで素敵な時間をお過ごしください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!